ブログ

「旅するらぷる」第九回番外編。女のドイツ一人旅に役立ったもの。

女のドイツ一人旅に役立ったもの。

その1、なぜドイツへ?はこちら→https://shikanai.co.jp/4885/

その2、フランクフルト空港乗り継ぎ編はこちら→https://shikanai.co.jp/4929/

その3、ベルリンの壁編はこちら→https://shikanai.co.jp/4958/

その4、ドイツの食編はこちら→https://shikanai.co.jp/5067/

その5、ドレスデン編はこちら→https://shikanai.co.jp/5232/

 

今回は初めての海外一人旅。ヨーロッパの特に観光地では、スリなどの犯罪が横行しているということで、実際に使って良かったものをご紹介。

サングラス。

最も役に立った(ような気がする)のが、サングラス。

持っていなかったので、2日目の最後に現地で買いました。夏だったので日差しが強いのと、何より、怪しい人と目を合わさなくていい。

というか、誰が怪しい人かわからないので、すれ違う人、誰とも目を合わさなくていい。

ベルリンの駅構内で、浮浪者と思われる方と一瞬目が合い、こちらへ向かってくる素振りが見られましたが、サングラスをサッとかけてすたたたっとその場を立ち去り、何事もなかったです(目ぇ合ってるじゃん)。

 

気にしすぎですかね?いやでも、気にしすぎくらいでちょうどいいと思うのです。

あれ…でもこれって冬は使えないのかな…。冬ってサングラスするのかな…。誰か教えてください。

帽子。

↓暑かったので、帽子も重宝しました。帽子アンドサングラス、日本だったらわたしがかなり怪しい人です。

この装いで、スンッとしている技を身につけました。

スマホをカバンにくくりつけるリール付きストラップ。

ちょうどよく、繋げられる部分がカバンに付いていたので、スマホを繋げました。スリも多いようなので、これでちょっと安心。お財布とかも、付けられるところがあれば繋げたらいいかも。

ベルリンのブランデンブルグ門周辺では、ちょっと影になっているところで、観光客へのアンケートを装ったスリ集団がいました。A4用紙をはさんだバインダーを持って、数名が群がってきます。それに応対していると、そのバインダーの下から手を出してきて、盗んでしまうそうです。

ガイドさんに、そういうのがいるから気をつけて!と言われていたので、「No,No」と言って切り抜けらました。

マネーベルト。

服の下に身につける、薄いポーチ。

EagleCreekというブランドの、小さいサイズ、23×12センチのものをネットで購入。送料を入れて2000円くらいで買えました。

ジーンズの履き口のお腹の部分にすっぽり入って、ぴったり目のTシャツを着ても、外からは全然付けているのがわからない!

↓公式サイトはこちらのようです。

https://www.eaglecreek.jp/product/travel_accessories/detail/11861908/

パスポートと、2枚持っていったうちのクレジットカード1枚、余分な紙幣を入れておきました。カバンの中の財布には、その日使う現金と、もう1枚のクレジットカードだけ。

 

スリなど危ない目には合いませんでしたが、これを付けると安心です。暑いと、紙幣がしなっ…となりますが。

ユーロには、いくら両替した?

羽田で、500ユーロ両替しました。いろんなサイトで、1日80ユーロあれば良いとか、120ユーロは必要だとかいろいろでしたが、1日100ユーロで考えてみよう、ということで500ユーロ。

1日目、7日目は飛行機移動のみ、2日目〜6日目の5日分×100ユーロ。

クレジットカードもちょこちょこ使って、最後の方は結構ギリギリでした。でもちょうど良かったと思います。

あそうそう、旅費をクレジットで支払ったら、限度額が危なかったです。一人だとそんなに何枚もカードを持っていないでしょうから、クレジットカードの限度額にはお気をつけください。限度額が来ちゃって、旅行中にカードが使えないとなると、困ります。

Googleマップ。

ベルリン市内、ドレスデン市内のSバーン、Uバーン、トラムの乗り換えなど、近い移動ならGoogleマップの乗り換え案内が、かなり使えます。しかも日本語で出てくるし。

Googleマップは、飲食店を探すのにもとても便利でした。

ドイツの食編はこちら→https://shikanai.co.jp/5067/

現地の乗り換えアプリ。

長距離だと、Googleマップの乗り換え案内よりもこちらの方が正確でした。

↓ドレスデンからゲルリッツに行くのに、Googleマップの乗り換えだと、2〜3時間かかる列車か長距離バスの案内しか出ません。

↓DBのアプリなら、ちゃんと1時間17分の列車が出てきます。

あれ?おかしいな、という場合は両方使って検索してみるのが良さそうです。

ネットの翻訳検索。

「ポケトーク」という翻訳機も持っていきましたが、一度も使いませんでした。いちいちカバンから出して、ポケトークに向かって話して…という作業はちょっと面倒。

さらに、googleの翻訳は、結構不正確です。

↓これ。あんまり信用できない。。

なので、検索バーに、例えば「レストラン 挨拶 ドイツ語」などと入れて検索し、ヒットしたサイトを見る方が正確です。

今回行ったベルリンやドレスデンは英語もだいぶ通じるので、ドイツ語だと難しい場合は同じように英語を検索しました。

一人旅でもなんとかなった。

というかんじで、なんとかなりました。スリなどの危ない目に合わなかったのは単にラッキーだっただけなのかもしれませんけれども。

言葉も、ペラペラにしゃべれます!というわけでもなんでもないですが、インターネットの力で、旅行程度の意思疎通なら問題なく過ごすことができました。

 

女海外一人旅が不安だわ…という方の一助になれば嬉しいです!