ブログ

「旅するらぷる」第九回その5。ベルリンからドレスデンへ。そして帰国。

その1、なぜドイツへ?はこちら→https://shikanai.co.jp/4885/

その2、フランクフルト空港乗り継ぎ編はこちら→https://shikanai.co.jp/4929/

その3、ベルリンの壁編はこちら→https://shikanai.co.jp/4958/

その4、ドイツの食編はこちら→https://shikanai.co.jp/5067/

ベルリンからドレスデンへ、列車で向かいます。

ベルリン中央駅。Berlin hauptbahnhof。「haupt」は主要な、「bahnhof」は駅。ガラス張りのキレイな駅舎です。

ここから、旅行会社さんが手配してくれた切符で、ドレスデンへ向かいます。

ドレスデンってどこ?

ベルリンから南に、列車で1時間半ほど。プラハ行きの列車に乗ります。

これに乗っていけばプラハまで行けるのか…。

1等席と2等席があり、2等席に乗ります。座席指定はしていません。自転車を乗せられる車両もあるっぽい。

てっきり2等席は全部自由席なのかと思って、とある席を確保したら、他の人にそこはわたしの席よ、と言われてしまいました。

なぬー。どうやら、そこが指定席なのかどうかは、座席指定した人が来ないとわからないっぽい。

 

しょうがないので、「Reserve」と書いてはいるが、一人しか座っていない6人のボックス席へ。くるくるのロングヘアーをハーフアップにしてメガネをかけた、クールでかわいい女の子が座っていました。ヘソ出しのスポーティな格好に大きなピアスをしている。かっこいい。絶妙なセンス。

一応「Do you have reservation?」と聞いてみたら、「No.」とのこと。ほっ。

「乗ってる人も少ないし、予約の人が来たら移動したらいいのよ」的なことを言っていました。同じ考えである。「あ〜オーケー。 I don’t have reservation too.」と言って、座りました。

↓車窓。田舎である。なんだか親近感。

また一人女の子が乗ってきて、この子もreservationはないそうです。よしよし。

さらに大柄な男性が乗ってきて、わたしのスーツケースを上の棚に乗せてくれました。親切。

6人のボックス席に計4名。誰も一言も発さず、1時間15分ほどの列車の旅。それぞれマイペースです。みんなどこ行くんだろうなー。せめて英語がもっとできたら、会話も楽しめるんだろうなー。

ドレスデン到着。

15時頃、ドレスデンに到着しました。

駅前。「ザクセン州」の州都だそうで、駅前は結構栄えています。

ホテル Holiday Inn Express Dresden City Centre にチェックイン。

立地がとても良いです。

こちらはアメリカ資本のホテルみたいです。キレイである。エアコンもある。

シャワーヘッドは固定されている!!

(ヘッドが固定できないベルリンのホテルはこちらの最後に→https://shikanai.co.jp/4929/

チェックイン時、部屋のルームクリーニングをするか、ラウンジでドリンクを飲めるのがいいか、どちらか選んで、と言われました。そんなこと聞かれたことがなかったので、ん?そんなの選べるの?と思いましたが、ドリンクを選ぶと、名前や部屋番号を書いたカードを渡されました。

実際、部屋の掃除はされていなくて、そのカードを持っていくと飲み物を1杯飲むことができました。

2泊しかしないし、ほぼ外にいるので掃除されていなくても全く問題なし。タオルは2泊分あったし。合理的。アメリカらしい。

ドレスデン旧市街をぶらぶら。

ホテルからちょっと歩くだけで、こんな景色です。ホォーー!!

ドレスデンは、第二次世界大戦で町の大半が焼失してしまいましたが、その後に再建された美しい建物を、まとまって観ることができます。

↓馬車がかっぽかっぽ。

17時頃。いい景色です。

↓聖母教会。建物の壁が、白黒まだらです。これは、第二次世界大戦で破壊された後、古いレンガを元の場所に当てはめて再建したからなんだそうです。世界最大のジグソーパズルと呼ばれているとか。

こちらは「君主の行列」と呼ばれる壁画。歴代の君主が、有名なマイセンの陶器に描かれているもの。こちらは戦火を免れて残ったものだそうです。

らぷる登場。

「サンタルチア」を歌っているおじさん。ここドイツだけどね。お上手。

ところどころ工事していました。

↓観光客がいっぱい!

疲れたのでホテルへ帰ろうとしたところ、広場でデモが行われていました。何か主張している団体と、それに反発している団体が向き合っている。警察もたくさんいて、結構ピリピリしている…。ちなみに、警察官はみんなイケメンである。

後から調べてみたら、毎週月曜日、反イスラム・反移民の団体がドレスデンでデモをしているとのこと。参加している人は、結構普通の人々のように見えました。一方で、それに反対している人たちの方が過激そうな人たちに見えた。

ふーむ。こういうのを目の当たりにすると、遠い国で起こっている問題に目を向けるきっかけになります。

ゲルリッツに行ってみる。

あんまり観光客が多いのと、列車旅が楽しかったので、2日目は別のところに行ってみようと思いました。旅行会社さんにおすすめされていた「ゲルリッツ」という町へ。

ドレスデンから東へ、列車で1時間ちょっと。ポーランドとの国境の町です。映画の舞台にもなったとか。

↓駅の券売機でなんとか切符を購入。49.60ユーロ。

20ユーロ札を3枚入れようとしたら、最後の1枚が、何回やっても戻ってくる。シワを一生懸命伸ばしても戻ってくる。どうやら、高額紙幣(10ユーロ札以上)は2枚までみたいです。クレジットカードが使えたので、良かったです。

↓Görlitz(ゲルリッツ)行き。

↓来ました。

↓車内はかなりキレイです。

↓車窓。やっぱり、ちょっと行くとすぐ田舎である。

↓着いた!駅舎内、可愛い天井。

着いて歩き出します。建物が、趣があります。人が住む建物も、ずっとこんなかんじです。

ところがですね、空き店舗も結構あって、そんなところには必ず落書きが。ガラス割れてるし。

若者も駅前周辺にたむろしているし、ゴミ箱にはやたらとハエがたかってるし、なんだかあんまり雰囲気がよくないような気がするような…気のせいかしら…。一人だから、過敏になっているだけかしら…。

うーん、なんだか居心地がよくないので、ポーランドに行ってみて、すぐ帰ることに。

↓この川を渡ると、ポーランドです。

zgorzelec。ズゴジェレツ、と読むらしい。ここからポーランドです。

ドレスデンに帰る列車の時間が迫っている。早く帰りたい。ポーランド滞在時間3分。

ズゴジェレツとゲルリッツは、もともと一つの地域だったのが、第二次世界大戦により国境が敷かれてしまったそうな。

さっさとドレスデンに帰る。クルーズに乗る。

ゲルリッツからドレスデンへは、列車は1時間に1本くらい。乗れないと次は1時間後。あと1時間もいたくない…。走りました。ギリ乗れました。

帰ってきたのが14時くらい。ドレスデンでは何本かクルーズも出ているので、乗ることに。風が気持ちいいです。

↓カヌーに乗っているお姉さん。かっこいい。

2時間ほどのクルーズ。19ユーロでした。飲み物、食べ物もメニューがあって、注文を聞きにきます。まぁビールを飲んでおこう…。

0.5リットル、飲み終わるのに2時間かかりました。

ドイツの食編はこちら→https://shikanai.co.jp/5067/

クルーズは、まぁ、こんなもんですかね、というかんじ。夜景コースもあるので、夜景はもっとキレイな景色を楽しめそうです。もっと長いコースだと、他のお城も見られるようです。

 

ゲルリッツに行ったらなんだか気疲れしたので、クルーズ後ホテルで一眠りして、夜景を見にもう一度旧市街へ。また違う表情を見ることができました。

アンペルマンがかわいい。

旧東ドイツの信号機、アンペルマン。

アンペル(Ampel)=信号。マン(Mann)=男。アンペルマンは、信号男という意味。

歩行者用の信号機が、かわいいキャラクターになっています。ベルリンには、アンペルマンショップがいくつかありました。

ドレスデンの信号機も、もちろんアンペルマン。女の子バージョンは「アンペルフラウ」と言います。かーわいい。

止まれ、は、通せんぼしてます。かーわいい。

アンペルらぷる。

止まれ。

ステッカーやらポストカードやら、いろいろ買っちゃいました。

最終日。

ホテルには、ドレスデン空港へのお迎えが11時に来る予定。それまで、前日までに見られなかったところを駆け足で観光。

↓ゼンパーオーパーというところ。オペラが上演される場所だそうです。

↓ツヴィンガー宮殿。とても綺麗だったのですが、

↓ど真ん中に白いドームが。スマホなどでAR?が楽しめる施設のようなんですが、このドーム、ない方がいいでしょ。

↓教会に入ってみよう。カトリック旧宮廷教会。うーん、入り口はあっち、って書いてあるような気がする。

↓入っていいのかどうか全然わかんないけど、押したら開いた。ので、入ってみた。

おおーー。

中で何か集会みたいなことをしていました。

↓こっちは聖母教会。押しても開かない。。ってしていたら、写真に写っているご夫婦が、「10Uhr!」(10時!)と教えてくれました、開くのは10時からみたい。残念。

そんなこんなで、ホテルチェックアウト。お迎えが来ました。おお…ベンツ…。写真撮っていいですか?と聞いたら快くオーケーしてくれました。ダンディな運転手さん、ありがとう。ダンケ。

車内。快適である。

帰りまーす。

ありがとうございました。

8月23日に日本を出発して、29日に帰ってきました。7日間のドイツの旅。

いろんなことを考えられた旅でした。やはり外に出てみると、新しい視点が得られますね。

 

美味しいプルーンケーキが、

作れますように…。

それではまた、どこかで!

番外編、女ドイツ一人旅に役立ったもの編、はこちら→https://shikanai.co.jp/5316/