ブログ

厚焼き豆せんべいの焼き方をご紹介します。

しかないせんべいの定番「厚焼き豆せんべい」

「厚焼き豆せんべい」通称「あつまめ」。創業以来90有余年、作り続けている伝統の津軽煎餅です。当店のこだわりは、お豆ぎっしりなこと。そして、お豆の香ばしい美味しさ。お豆はピーナッツです。

生地と豆が同じくらいの重さです。せんべいのうち、半分が豆です。食べると、どこを食べてもだいたい豆です。

焼き方はこんなかんじです。

生地をカカカカッと素早く均等に切ります。慣れるとだいたい同じ重さで切れるようになります。小さいと生地の足りないせんべいになり、大きいと、型からはみ出る部分が無駄になってしまいます。大事な工程。写真を撮り忘れましたが、生地を作るのも結構な重労働。息が切れます。生地を切ったら、丸めます。

 

丸めた生地に、豆を付けます。まず豆をぎゅっと押し付けて

 

のし棒で「のし」ます。この「のす」作業でしっかり豆を付けないと、豆が少なく物足りないおせんべいになったり、豆があとから抜け落ちたりします。ここも大事な工程。

 

↓アッツアツの窯からおせんべいを取り出すところ。型の温度は160℃くらいになっています。手袋をはくと手袋に生地が付いてしまうので、素手です。おせんべいは持てないくらい熱いですが、持ちます。あまりにも熱くて、わたしは最初泣きそうでした。持ち方にコツがあり、慣れると持てるようになります。慣れないうちは水ぶくれができたりします。ここももちろん大事な工程。窯の前は、夏はくらくらするくらい暑いです。タオルと水分補給が必須です。

サッ!!と取り出します。

 

↓無事良い色に焼けました。あつまめ焼いてるな〜っていう良い香りがします。

 

季節によって、気温や材料の冷たさを考慮して、水の温度、出来上がった生地の温度、焼く温度、火や空気の強さなどを調整します。毎回、「うーん前回こうだったから、今日はこれくらいかな」「去年の今頃はこれくらいだったよね」「これだと冷やしすぎですか」と相談したりします。これもとっても大事。

 

というわけで、「生地を作って均等に切る」「豆をしっかり付けてのす」「良い色に焼く」と3人がかりで焼いています。どれも大事な工程で、どこかひとつが不十分だと美味しいおせんべいにならないのです。3人の連携がとても大切です。

 

お豆ぎっしり、香ばしい美味しさの「厚焼き豆せんべい」、しかないせんべいの90年伝統の味をどうぞお試しあれ(^^)/

厚焼き豆せんべいのお求めはこちらから→https://shikanai.co.jp/176/