こぎんせんべい

kogin
kogin
kogin
  • kogin
  • kogin
  • kogin

江戸時代、津軽地方の農民の手から生まれたこぎん刺し。

藍染の麻の布に、白い木綿の糸で、様々な「モドコ」からなる図案が刺されました。

 

現在ではカラフルな布に、カラフルな糸で様々な「モドコ」を施したこぎん刺しが、青森県のみならず、日本全国、全世界の人々に親しまれています。

 

当店の「こぎんせんべい」も、現代らしいデザインと色使いでご提供しています。

使用している「モドコ」はこちら↓

↓おせんべいはこちらの4種類です。

4枚パックには、上のおせんべいがそれぞれ1枚ずつ。

10枚セットには、いづれかのモドコが3枚×2種類、2枚×2種類の合計10枚入っています。

↓タグや掛け紙も、実際に刺したこぎん刺しをもとに作成した、こだわりのデザインです。

津軽地方の農民の手から生まれたこぎん刺し。津軽らしいプチギフトにどうぞ。

  • 4枚入りパック
    ¥550
    数量
  • 10枚入り
    ¥1,400
    数量