津軽藩士の珈琲物語

coffee
coffee
coffee
coffee
coffee
  • coffee
  • coffee
  • coffee
  • coffee
  • coffee

津軽藩士のお膝元「弘前」。城下町ならではの歴史が残っています。近年、津軽藩士が日本で早くに珈琲を飲んでいた、ということが分かってきました。当初は蘭学医のすすめで病の予防薬として飲んでいたようです。そんな弘前・津軽藩の歴史に思いを馳せ、「津軽藩士の珈琲物語」を作りました。

 

珈琲の風味豊かなフィナンシェです。焦がしバターを使い、ラム酒でほんのり風味付け。

生地に入れる珈琲粉は、珈琲豆そのものを粉砕した粉を使用。豆そのものを使っているからこそ出せる、豊かな風味が特徴です。好きな方はとことんハマる一品。

 

珈琲の街・弘前。弘前城下の津軽藩士になった気持ちで、どうぞご賞味ください。

 

焦がしバターがコクと深みを生み出します。

 

焼き上がり。珈琲の香りが漂います。

 


賞味期限:約10日

保存方法:直射日光を避け常温で保存

 

食物アレルギー特定原材料等(27品目):卵、小麦、乳

  • 単品
    ¥129
    数量
  • 10個入り
    ¥1,458
    数量
  • 15個入り
    ¥2,138
    数量
  • 20個入り
    ¥2,840
    数量