いちご姫【平成30年3月3日(土)限定発売 】
お菓子のひなまつり

雛祭は、もとは「上巳の節句」といわれ河でみそぎを行う習慣がありました。
やがて人形に汚れを移し河へ流す「流し雛」に」変わります。
人形を家に飾るようになったのは室町時代から、江戸・元禄時代に豪華な雛壇が作られ、現在の形が完成されたと「いわれています。
当店では、雛人形のようないちごに道明寺を羽織らせた歳時記菓子「いちご姫」を販売いたします。
いちごの酸味と餡子の甘さが春らしい一品となっております。

 

【販売価格】
1個230円。3個入り、5個入りのご用意もしています。

新寺町本店、アプリーズ店でのお取り扱いとなります。

お問い合わせは、TEL:32-6876(しかないせんべい新寺町本店)